殺菌治療にバルトレックス

ウイルス退治に強力な作用を発揮するバルトレックスを用いて殺菌治療を行いましょう

セルフチェック検査で性病判断とバルトレックス治療

日本では、性病にかかる患者が増えていますが、特に10代、20代の若い人が性病にかかるケースが増えています。
性病の疑いがあっても、特に若い女性などは、病院で検査を受けることを躊躇してしまう場合が少なくないのです。
そして、病院に行くことを迷っている間に、どんどん病気が進行してしまうことも多いのです。
しかし、最近では、セルフチェックできる検査キットを送ってくれる専門クリニックも増えています。
中には、匿名で検査を受けることができるクリニックもあります。
ですから、性病の検査をしたいけれど恥ずかしいという人は、検査キットを自宅に送ってもらって、セルフチェック検査をすることが可能です。
そして、セルフチェック検査で性病が判明したら、医師の診断を受けて治療すればいいのです。
性病の治療には、症状によって適切な治療薬を使います。
例えば、性器ヘルペスには、バルトレックスという治療薬があります。
性器ヘルペスは、単純ヘルペスウイルス2型が原因となり、性器などに水ぶくれができます。
単純ヘルペスウイルスは、初めて感染した後に免疫ができても、ストレスや体力の低下などの影響で、再発を繰り返す場合が多いです。
バルトレックスは、ウイルスDNAの複製を阻害するため、ウイルスの増殖を防ぐことができます。
性器ヘルペスだけでなく、帯状疱疹の治療にも使われます。
バルトレックスは、自己判断で使用量を増減したり使用を止めてしまうと、症状が悪化することがあります。
ですから、バルトレックスを使用する場合は、必ず医師の指導に従い、指示どおりに薬を飲むことが大事です。
医師の指示どおりに薬を飲み続けて、症状が改善しない場合は、速やかに医師の診断を受けるようにします。